予防歯科

治療するために歯医者に行くのではなく、予防するために歯医者に通う 予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯の以上をきたす前に、予防することによって永続てきに健康な歯を維持することです。
自覚症状が起きてから、来院された場合、予想以上に症状が進行してしまっている場合がり、結果、長期的に治療が長引いたり、費用がかさむということもあります。定期的に予防施術をうけることによって、より健康な歯を保つことが出来るようになります。

予防歯科の特徴

予防歯科の特徴

歯の表面には小さな細菌や歯垢、歯石が多く存在しています。一見汚れていなさそうに見える表面にも、たくさんの菌がが張り付いています。この細菌が、虫歯や歯周病を引き起こす要因になります。これらの細菌を定期的に特殊な器具を使い、除去することが予防歯科にあたります。
当院では、PMTCであったりフッ素コーティング等を駆使し、普段自分ではケアしきれない部分のクリーニングを行います。

当院での予防歯科内容

PMTC

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医師、歯科衛生士による専門器具を使ったお口のなかのクリーニング」です。虫歯の原因のバイオフィルムなどを特殊な器具で除去することができます。特徴としては、普段自分ではケアしきれない部分の歯垢や歯石、細菌までも除去することができます。そして、実際に歯を削るとうわけではなく、あくまで歯垢や歯石の除去になりますので、爽快な感覚を味わって頂くことができます。

フッソ塗布

フッソ塗布

フッソ塗布を行うことによって、より虫歯になりにくい歯を育てることが可能です。
フッソ塗布のメリットとしては大きくわけて3点あります。

  • 口内の唾液と作用し、歯の再石化を助ける
  • 再石化の際に、表面の成分の結び付いて歯自体を強化することができる
  • 虫歯菌が出す酸によって、歯が溶けますが、フッソ塗布をすることによって菌自体の活動を抑えることができ、酸の量をへらすことで、虫歯の予防 を行うことが可能です。

フッソ塗布は目安ですが、3〜4ヶ月をめどに行って頂くのが理想的で、より高い予防を期待することが可能です。

シーラント

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を浅くして汚れをつきにくくするであったりとか、歯ブラシのなどのセルフケアの効果をより高くすることができます。
奥歯には溝が存在していて、でこぼこしています。たんねんにケアをしているつもりでもこのような溝などには汚れなどがたまり、虫歯などの原因になります。普段からケアしやすい状況を整えることも、永続的に健康な歯を維持するうえで大切なことです。