歯周病治療

歯周病とは 歯周病治療

歯周病とは、歯と歯茎の間に菌が入り炎症を起こす感染症です。これが悪化すると、土台となる歯茎が弱くなり、最終的には歯を失ってしまうとうことになります。
日本人の約80%が歯周病になっているといわれており、さらにたいていの人は初期段階に自覚症状がなく、重症化してから来院するというケースが多く、治療に費用と時間がかかってしまうということが多いです。

歯周病の進行フロー

歯肉炎
STEP.1

歯肉炎

歯と歯茎の間にプラークがたまり、炎症をおこしている状態です。触ると出血する場合があります。この状況では歯磨きなどで健康な状態にもどすことが可能です。
軽度歯周炎
STEP.2

軽度歯周炎

歯と歯茎の間の溝が深まり、歯周ポケットが形成されます。ここから根に向かってどんどん溝が深くなっていきます。
中等度歯周炎
STEP.3

中等度歯周炎

更に歯茎の位置がさがり、歯の根元の半分くらいまで炎症が進行している状況です。この段階には歯がぐらつく症状が出始めます。
重度歯周炎
STEP.4

重度歯周炎

炎症がさらに拡大し、歯茎と歯両方のダメージが進行し、歯のぐらつきがさらにひどくなっている状態です。視覚的にも歯が根元が露出されている状態になっているため、歯が長く見えるのも特徴です。

こんな症状の方は歯周病かもしれません

  • 口臭が気になる
  • 口の中がねばねばする
  • 歯を磨くと歯茎から血が出る
  • 歯茎が赤くはれている
  • 食事の後、歯に食べ物がはさまりやすい
  • 硬いものを食べると、歯が痛い

歯周病はお口の中だけの問題ではありません。

歯周病とは、お口の中の感染症ですが全身にも大きな影響を及ぼす可能性があります。歯周病菌には血液を凝固する働きがあります。血液によって歯周病菌が全身に運ばれることによって、血液が血栓になる原因になり、心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞の原因にもなりえる可能性も秘めています。

当院では、患者様の状態に合わせてカウンセリングを行い、予防から治療まで患者一人一人に合わせた治療法を行っています。
まずは、当院へご相談ください。

予防歯科に関するお問合せは03-3831-8657

〒101-0021東京都千代田区外神田5-4-8
電車でのアクセス
JR山手線 「御徒町駅」 南口より徒歩5分
南口を出て松坂屋を右手に線路沿いを直進、ジョナサンとローソンが見えたら右折してください。
2ブロック進むと左斜め前の建物2階に医院がございます。
その他の路線から
銀座線 「末広町駅」 2・4出口より徒歩5分 千代田線 「湯島駅」 6出口より徒歩6分
日比谷線 「仲御徒町駅」 4出口より徒歩6分 大江戸線 「上野御徒町駅」 A6出口より徒歩7分