審美歯科

審美歯科でよりいきいきとした生活をおくりませんか? 審美歯科

今は、ただ歯を治療するだけでなく、身だしなみとしても大きなウエイトを占める時代になってきております。当院では、患者様がより笑顔で過ごすことができるよう審美の分野でもお手伝いをさせて頂いております。

気になる銀歯をより自然な白い歯にしませんか?

気になる銀歯をより自然な白い歯にしませんか?

保険診療の虫歯治療など施される銀歯は、口を開けた時に目立つであったりとか、金属アレルギーを引き起こす原因にもなりえます。また長年銀歯を放置している。歯と銀歯の間から菌が侵入し、二次カリエスにも発展する可能性もあります。

見た目であったり、生体親和性が気になる方にはセラミック素材の白い歯を施すことも選択肢の一つです。

銀歯とセラミックの違い

銀歯
セラミック
銀歯
セラミック
見た目(審美)
見た目が目立つ
天然歯に近い透明感がある
歯への影響
噛み合う天然歯を傷つけることがある。
硬さなどの調整も可能
歯茎への影響
溶け出した金属イオンで天然歯が黒ずむ
なし
全身への影響
金属アレルギーの心配がある
なし

保険診療などで装着した銀歯は、自由診療にはなりますが、セラミック以外の素材の補綴物に交換することが可能です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

裏側が金属、表側がセラミックというかぶせものです。硬さと色調は標準的なもので、セラミックの中では標準的なものです。

ハイブリットセラミッククラウン

ハイブリットセラミッククラウン

セラミックより硬くなく、自然歯との噛み合わせに優しい素材で、セラミックの粒子とレジンをまぜた被せものです。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

全体がセラミックでできた被せ物です。
メリットとしては劣化しにくい白さを持っていて表面に歯垢がつきにくいことです。デメリットは装着の際に葉を削る量が比較的多いです。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

歯の形に忠実に作成することが可能です。
噛み合わせの際に歯を痛めることがほとんどなく、汚れが表面に付きにくい特徴があります。