義歯(入れ歯)

患者様に合わせた最適な入れ歯治療を行っております 義歯(入れ歯)

事故、歯周病、虫歯、様々の要因で歯失ってしまった人に対して、入れ歯やインプラントの処置をおこないます。
歯が抜けたままで放置していると、周りの歯にも影響を及ぼします。歯と歯のバランスがくずれ歯並びが悪くなってしまうとか、抜けてしまった場所をかばってしまうので適切な噛み方が出来なくなってしまい、顎自体への悪影響を及ぼすことになります。
歯を失ってしまった方は、まず当院へご相談ください。

入れ歯とインプラントとのちがい

入れ歯とは

入れ歯とは

なんらかの原因で歯を失ってしまった人へ、その箇所に応じて装着することができる、取り外し可能の人口の歯です。
部分入れ歯と総入れ歯などがあり、保険適用のものとそうでないものも存在します。

インプラントとは

インプラントとは

人口の歯根を歯茎に埋め込み、そこに義歯をはめ込むものです。
基本的に取り外しをすることはできず、保険適用外です。

入れ歯のメリット、デメリット

メリット
  • 様々な症例に対応することが可能
  • 取り外しが可能なので調整やメンテナンスが容易
  • 保険適用なので費用を抑えることが可能
  • 安全(治療事故で深刻な影響が出ることはまずない)
  • 顎の骨や口の状態がどのような状態でも作ることが可能
  • 自由診療であれば、下記デメリットをある程度克服できる高性能なものをつくることも可能
デメリット
  • 天然の歯に比べて噛む力が弱まる
  • なれるまで違和感を感じる
  • 部分入れ歯を作る際、他の歯を削る可能性もある。
  • 合わない入れ歯を作ると、痛みや外れやすいといったことがある。

入れ歯に向いている人

入れ歯に向いている人

インプラント治療は骨粗しょう症、高血圧、糖尿病などの持病を持っている方は行えない可能性があります。
そしてインプラントは、歯茎に歯根を埋め込む治療なので、顎の骨がもろい人や重度の歯周病の方などは入れ歯の方が向いているといえます。入れ歯はメンテナンスが楽なのに対し、インプラントは定期的なメンテナンスが必要になるので、このメンテナンスを十分に行えない方も入れ歯の方が向いているといえます。

当院では、入れ歯、インプラントなどの治療内容をしっかり説明し、患者様にあった最適な治療方法を行います。